個人事業主として法人向けのデビットカードを持つためには

法人向け口座を経由して申し込む

法人向けのデビットカードは個人事業主でも発行してもらえますが、法人口座の開設を行わなければなりません。仮に普通の口座を既に持っていたとしても、その口座を経由して法人向けのデビットカードを発行してもらうことはできません。普通の口座経由で発行してもらえるのは個人向けのデビットカードのみです。では、個人事業主が法人口座を開設するためにはどうすればいいのでしょうか。実は銀行によってかなりバラバラなのですが、最低限必要になるものは普通の口座に必要なものと変わりません。身分証明書と印鑑です。それに加えて、個人事業主としての開業届、屋号がわかる書類などが要求されることもあります。

口座名は「屋号+本名」になるのが一般的

個人事業主として本名を前面に出して商売していないというケースもあるでしょう。たとえば、オンラインショップを運営していて、店の名前の方がよく知られているというケース、あるいはライターや小説家などペンネームを使っているというケースです。こういった場合、店名やペンネームで口座を開設できるのかというと、これもやはり銀行によって違います。ただ、近年、不正に解説された銀行口座が犯罪に使われることが多いので、本名が一切含まれていない口座を開設するのは相当難しいといっていいでしょう。大抵の場合、屋号のあとに本名が入るといった形の口座名になります。もちろん、法人向け口座を経由して発行されるデビットカードにも本名が印字されることになります。

法人 デビットカードは、即時に法人口座から引き落とされるため、カード会社の立替が発生せず、法人口座が開設できる方であれば、ほぼ100%発行する事が可能です。また、振込手数料等が優遇される場合もあります。