事業資金調達方法はいくつかる?3つの調達方法を知っておこう

日本政策金融公庫を利用してお金を貸してもらおう

日本では日本政策金融公庫というサービスがあります。これは中小企業のためにある資金調達サービスです。日本政策金融公庫は貸付業務のみを行っているのが特徴です。政府が運営を行っている金融機関で金利も非常に低いといった部分がメリットです。金利は2%前後なので中小企業にとっては非常に負担が少ない借り入れを利用できます。新創業融資制度と中小企業経営強化資金を使うことによって保証人や担保なしで融資を受ける事ができるメリットもあります。

銀行ではプロパー融資を行っている

プロパー融資は銀行が行っている融資手段の1つです。これは主に信用力のある企業に融資をするサービスです。将来性のある会社や実績のある会社に対応するものなので中小企業などは利用しにくいです。銀行では融資をするときに保証協会を通しますがプロパー融資は保証協会を通しません。それだけに金利も非常に安く気軽に利用できます。ただしある程度力を持っている企業しか利用できないので中小企業の方は信用保証貸付を利用しましょう。こちらは同じ銀行が行っている融資手段で、信用保証協会を通して融資を行います。

即日融資を受けられる消費者金融

消費者金融は事業者だけでなく個人も活用できる金融機関です。ノンバンク系に該当するサービスで特に使いやすいです。保証人と担保が必要なく即日融資が可能なのですぐに資金調達をしたいときに使えます。基本的に銀行や他の金融機関と比較したときに非常に金利が高いです。借入金額にもよりますが最高で18%近くの金利がかかってしまうので返済計画をしっかり立ててから利用しましょう。

事業資金とは、事業のために使われるお金のことです。また、開業資金、設備資金、運営資金の三つから成り立っています。